NIPPON BIODIESEL FUEL, 日本植物燃料株式会社
English
Jatropha(ヤトロファ)農園を展開し、バイオ燃料を供給。
日本植物燃料は、植物油でバイオ燃料の先端を走ります。
洞察ポイント
TOP会社概要バイオディーゼル燃料についてお問い合わせOur PassionOur Action
会社概要
会社情報
理念
行動指針
事業内容
事業の特長
洞察ポイント
ビジョン
共生文明にむけた耕作型
エネルギー体制
バイオディーゼル生産プロセスにおける洞察ポイント
バイオマス資源生産地
 •  大規模な森林の減少や生態系の破壊の可能性。
食用油との競合による世界経済への影響。
非食用油は安価に供給できる可能性大。
植物油のバイオディーゼル精製
発展途上の技術であるが同時に現在のグローバルスタンダードである植物油のメチルエステル化技術を超える技術開発の必要性。
メチルエステル化(FAME)は流動点や目詰り点が高い等、性状の品質を高める必要がある。
輸送
海上輸送時のテロ、事故。
バイオディーゼル使用地
各国で品質規格が違う。
エネルギーが必要な非産油国(例:スリランカ、インド)で生産したものを、地産地消するケースが一番望ましい!?
全てのプロセスでエネルギー投下がある
生産〜利用までのプロセスで、温暖化防止対策、資源の枯渇対策に逆行し、持続可能性に反するさまざまな問題を考える必要あり。
日本植物燃料株式会社〒250-0215 神奈川県小田原市千代655番地
info@nbf-web.com
ページの先頭へ